ロゴ   事業内容 会社案内 お問い合せ



イメージ

 


  事業内容
  フランス紅茶について
  アンシャンテの紅茶について
  取扱い紅茶一覧
  南部鉄器について
  南部鉄器の故郷
  南部鉄器小皿 LES FLEURS 花


  フランス紅茶について
   
 
 

南部鉄器カラーポットの故郷、MORIOKA

岩手県盛岡市の中心部から車で約20分。自然に囲まれた森の中の工場で、南部鉄器カラーポットは製造されています。伝統技法による工程の多くは人の手によるもので、熟練の職人により、一つ一つ丁寧に作られています。

南部鉄器は約400年の歴史を誇る「盛岡」の伝統工芸品です。

南部鉄器の故郷、盛岡では、約400年前から鉄器の製造が行なわれてきました。砂鉄、岩鉄などの良質な鉄資源をはじめ、川砂、粘土、うるし、木炭といった鉄器の原料全てが地元で産出される恵まれた立地にあり、代々の南部藩主の保護のもと、長い年月を経て築き上げられた伝統と、現代まで受け継がれて来た高い技術の結晶が盛岡の南部鉄器です。

茶釜から派生したといわれる鋳鉄製の急須は、その洗練されたデザインと実用性で国内外を問わず多くの人々から愛されています。保湿性に優れ、陶器や磁器に比べて、格段に割れにくいという特性を持ち、使い込むほどに豊かにその表情を変える鋳肌の美しさや温かみを帯びた独特の質感は、日本の「詫び・寂び」といった情緒があり、他の素材では表現出来ない南部鉄器ならではのものです。

整ったキメの鋳肌と美しい発色
それが、アンシャンテ・ジャポンの南部鉄器カラーポットです。

なめらかでキメの整った美しい鋳肌を実現するために、型に使う細かな砂を更にふるいにかけるという、通常の鋳物製造にはない特別な工程を加えています。
日本古来の伝統的な鉄器にモダンな美しい色を加える。アンシャンテ・ジャポンの南部鉄器の特徴である美しい発色は、下地と上色の2層の着色によるものです。デザインに合わせ、上に塗った色を部分的に拭き取ることで、凹凸の模様部分に下地の色が現れ、独特の風合いを生み出しています。このように約30工程にも及ぶ丁寧な手作業を経て、美しい鉄器が生まれるのです。



■ 取り扱い商品詳細は
  オドゥラ デ メール 南部鉄器カラーポット専門店 をご覧ください。

   
  リンク
  イメージ


  事業案内 会社案内 お問い合せ  
  事業内容
フランス紅茶について
・アンシャンテの紅茶について
取扱い紅茶一覧
南部鉄器について
南部鉄器の故郷
南部鉄器 小皿 LES FLEURS 花
メッセージ
会社概要
メディア掲載
求人について
 
お問い合せフォーム

 
 
 


サイトマップ


アンシャンテへ オドゥラデメールへ